徳島県立阿南支援学校

〒774-0049 徳島県阿南市上大野町大山田52 電話 0884-22-2010  ファクシミリ 0884-22-2293     E-Mail anan_ss@mt.tokushima-ec.ed.jp
 
★速報★ ここに休校等の緊急のお知らせが表示されます
 

ごあいさつ

    校長の郡 俊恵(こおりとしえ)です。
    地域の皆様、保護者の皆様には、日頃より本校教育の充実、発展に御協力・御支援をいただき心より感謝申し上げます。

 さて、平成29年度が始まりました。
本年度は小学部40名、中学部34名、高等部名、計140名、昨年より4名増えてのスタートとなりました。
 本校では、子どもたち一人一人のニーズに応じたきめ細やかな教育を推進し、個々の可能性を最大限に伸ばし、社会参加や自立できる力を育てるとともに、豊かな感性や人間性を育むことを目標に教育を進めておりますが、今年度も昨年度に引き続き、積極的に社会参加ができる力を育てるキャリア教育の推進と安心・安全な学校づくりの推進という2点を重点課題として取り組んでまいります。

 キャリア教育の推進につきましては、職業教育の見直しと検討、キャリア教育の視点からの教育課程・教育内容の検討、教育内容の系統性及び一貫性についての検討、自尊感情を高める教育の実践を行ってまいります。
 安心・安全な学校づくりにつきましては、安全教育の推進、事故防止対策の徹底、防災対策の充実を図り、いかなる時にも、子どもたちが安心・安全に過ごすことができますよう、取組を進めてまいります。

 今年度も皆様方の御協力をいただきながら、本校の教育の充実を図っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

                                          





阿南支援学校長  郡  俊恵
 
 

 

校長より

歳時記 >> 記事詳細

2014/07/22

ミニトマト

| by:校長



 小学部の児童がミニトマトをくれました。

 
 
 夏休みが近づいたある日,彼は校長室に担任の先生に続いて,登場しました。両手で持っているのは,透明のプラスチック容器に山盛りのミニトマトです。

 
 
 学級の他の児童が健康診断中なので,その合間に来てくれたそうです。学級で育てたミニトマトでした。

 
 早速,彼と校長室のソファに座って,受け取ったミニトマトを一粒食べました。少し皮が固かったですが,なんと言っても彼がわざわざ持ってきてくれたミニトマトです。とってもいい味でした。

 
 彼は,私が食べるのを瞬きもせずにじっと見ています。もしかして食べたいのかと思いミニトマトの入った容器を彼の前に移動させて,「どうぞ」と言うと,すぐに手が伸びてきてパクリ。あとは彼も遠慮せずに私と交互にミニトマトを摘み,あっという間にミニトマトは無くなってしまいました。

 
 中学部や高等部は農園でたくさんのミニトマトを栽培しています。彼が中学部にあがって作業学習でミニトマトを育てている姿を想像すると,なんだか楽しくなりました。


09:46 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)